お 雛

 元来雛は、鳥の子が愛らしく『ピピ』と
 鳴くところから、雛鳥のように愛らしいと
 いうこと、更に小さいということに通じ
 雛人形を、お雛というようになりました。

 この雛人形を、三月三日上巳の節句に飾り
 楽しむことを雛遊び、又は雛祭りといいます。

 室町時代には人形に胡粉を塗る技術が
 中国から入り、生雛(人形雛)となり、
 江戸中期以降は今日の雛人形が造られる
 ようになりました。

 公家から武家を経て庶民に広がり、
 人形を飾るだけでなく、床の間には
 お雛様の掛軸を掛け、桃の花や白酒、
 菱餅を供え、子供の健康と成長を願います。

 在庫限り。
 同じ構図の再入荷は未定です。
 真筆のためそれぞれ一点ものです。


 青木善彦

 昭和15年岐阜県生まれ
 寒浪会会員
 各展入選
 得意:人物・鯉
 美術年鑑掲載作家


 寸 法

 縦:164.0cm×横:45.5cm(半切立)


 体 裁
表 装 軸 先 本 紙
丸表装 塗 り 紙 本 桐 箱
(共 箱)
タトウ付
 季 節

 桃の節句・春





15581 My Own Muse【Olivergal オリバーガル】壁掛け絵 絵画 アート 受注販売商品
楽天グループ
戻る